「2社間」と「3社間」:2種類あるファクタリング

      

「2社間」と「3社間」:2種類あるファクタリング

ファクタリングには二つの種類があります。

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングです。

 

 

2社間ファクタリングの「2社」とは、あなたの会社とファクタリング会社のことです。

 

あなたの会社がファクタリング会社にファクタリングを申し込みます。

 

審査に通るとファクタリング会社はあなたの会社に売掛金の額に応じたお金を振り込みます。

 

後日、売掛金の支払期日になったら売掛先からあなたの会社に売掛金の額が振り込まれます。

 

そこで振り込まれたお金はあなたの会社のものではないので、ファクタリング会社に送金します。

 

これで完了。

 

 

2社間ファクタリングの場合、売掛先の会社は、あなたの会社とファクタリング会社の間でファクタリング契約が結ばれていることを知りません。

 

期日が来たら、ただいつも通りに支払いをするだけです。

 

もしもあなたの会社が「資金繰りに困っていることを売掛先に知られたくない」と思っていたら、この2社間ファクタリングがいいと思います。

 

また、売掛先が何かと気難しい会社の場合も、2社間にしておいた方がいいでしょう。

 

3社間の場合は売掛先にファクタリングの事実が知らされます。

 

ファクタリングの事実はファクタリング会社とあなたの会社の両者から伝えることになります。

 

そして確認書類に押印してもらったり、振込先をあなたの会社からファクタリング会社に変更してもらったりする手続きがあります。

 

さらにファクタリング会社が売掛先の信用度を調査することも知らされます。

 

 

 

こうしたことから、売掛先によっては3社間ファクタリングがうまくいかないことがあるのです。

 

売掛先にしてみれば、あなたの会社から商品あるいはサービスの提供を受け、その対価をあなたの会社に支払うつもりでいたのに、いきなり、聞いたこともない名前の会社が現れて、しかもファクタリングがどうのとよくわからないことを言い出されたりすれば、戸惑ってしまうこともあるでしょう。

 

こういう事態が予想される場合は、迷わず2社間ファクタリングにすべきです。

 

 

それでは、なぜ3社間ファクタリングなんてものがあるのかというと、純粋に数字だけでみると、3社間ファクタリングのほうがあなたの会社にとって有利だからです。

 

つまり、ファクタリング会社に支払う手数料が、2社間より3社間の方が安くて済むのです。

 

 

その理由は、ファクタリング会社の立場に立てばすぐにわかることです。

 

3社間の場合、売掛先の支払期日が来たら、お金は売掛先からファクタリング会社の口座に直接振り込まれます。

 

でも2社間では、売掛先はファクタリングのことなど知らされていませんから、いつも通りいったんあなたの会社に振り込まれます。

 

そしてあなたの会社からファクタリング会社にそのお金は送金されることになります。

 

つまりです。

 

使い込み・・・・・のリスクがあるのです、2社間の場合は。

 

あなたの会社がものすごくお金に困っている場合、ファクタリング契約によってファクタリング会社から先にお金を振り込んでもらった上に、さらに、売掛先から振り込まれたすでにあなたの会社のお金ではないお金をも自分のものにしてしまう、これをする可能性があるわけです。

 

だから、このリスクをあらかじめ織り込んで手数料を算定すると、結果的に、2社間のほうが3社間より高めの手数料となるのです。

 

 

もっとも、業種によってはファクタリングが浸透しているところもあって、3社間ファクタリングが普通に行われているようです。

 

建設業界などでは、近年手形取引が行われず、その結果、あまり抵抗なくファクタリングが受け入れられています。

 

他の業種にしても、今後ファクタリングの認知度は高まるでしょうから、いずれごく当たり前の商習慣となっていくでしょう。

 

■おすすめファクタリング会社ベスト3■

<第1位>資金調達プロ ファクタリング

 

日本全国対応
24時間受付
・最短即日入金
・ファクタリング金額100万円〜3億円まで対応
・(利用可)法人
・資金繰り改善率93%以上

<第2位>ファクタリング東京

 

日本全国対応
24時間受付
・最短即日入金
・ファクタリング金額10万円〜1億円まで対応
・(利用可)法人
創業1年未満の会社・ベンチャー企業でも利用可

<第3位>ファクタリング JTC

 

日本全国対応
24時間受付
・最短1日入金
・ファクタリング金額100万円以上対応
・(利用可)法人
年商7000万円以上の売り上げがあることが条件