すでに生活に浸透しているファクタリング

      

すでに生活に浸透しているファクタリング

「ファクタリング」という言葉は使われていないけれど、しかし、実質的にファクタリングのシステムを利用している商取引があります。

 

たとえば携帯電話の料金です。

 

利用者としては毎月携帯会社に料金を支払っているつもりでいても、通帳の記帳などをよく見ると、携帯会社とは違う会社名義で料金が引き落とされていたりします。

 

これは携帯会社が料金の回収業務をアウトソーシングしているのです。

 

つまりファクタリング会社に丸投げしているということです。

 

集金業務を請け負ったファクタリング会社は、毎月利用者から利用料金が発生するたびに、その利用料金から手数料を差し引いた額を携帯会社に振り込みます。

 

もしも料金の滞納があったら、ファクタリング会社から利用者に督促の案内を出します。

 

かりにいつまでたっても滞納が続き、結果的に利用者に料金を踏み倒されたとしたら、ファクタリング会社は損をしますが、携帯会社はもう無関係です。

 

そういう契約になっているからです。

 

上記のシステムはファクタリングそのものです。

 

 

当サイトで扱っているファクタリングは、いわば「単発」のファクタリングに関してですが、上記の携帯料金に関しては、包括契約と言いますか、いちいちその都度ファクタリング契約をするのではなく、携帯会社・ファクタリング会社(料金徴収会社)・多数の利用者・・・・・・・これら3者の間でまとめてファクタリング契約をしていることになります。

 

 

 

つい先ごろ、日本最大級のECサイトであるZOZOTOWN(ゾゾタウン)で「つけ払い」というサービスが開始されました。

 

利用者はまず商品を購入し、その際、支払い方法を「つけ払い」にします。

 

すると商品が送られてきます。

 

ちょっと遅れて請求書が送られてきます。

 

請求書には支払期日が記入されていて、その期日は2か月後です。

 

あなたはその期日までにコンビニや銀行で料金を振り込みます。

 

これで完了。

 

この「つけ払い」では、利用者からの料金の徴収をGMOペイメントサービスが担当しています。

 

つまり、このシステムにおいては、GMOペイメントサービスはファクタリング会社です。

 

料金の徴収業務を一手に引き受け、利用者の滞納があっても、GMOが最後まで回収業務を務めます。

 

利用者は、当然、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)に商品代金を支払っているつもりでいるのですが、実際にはGMOに支払うのです。

 

 

さて、これをZOZOTOWN(ゾゾタウン)の立場から見てみましょう。

 

まず利用者が商品を購入します。

 

支払い方法は「つけ払い」です。

 

まさに売掛金が発生した瞬間です。

 

しかし、です。

 

本来なら売掛金を抱えたはずなのに、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)にとって「つけ払い」は「つけ」ではなく、商品購入が完了した時点でGMOペイメントサービスから即座に代金を受け取るのです。

 

もちろん商品代金全額ではなく手数料を引かれた額です。

 

手数料を引かれはしますが、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)は料金徴収業務を一切しなくて済みます。

 

滞納があっても関係ありません。

 

利用者に料金を踏み倒されたとしても、困るのはGMOであって、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)はもはや部外者です。

 

その分手数料を支払っているわけです。

 

 

お分かりのように、この「つけ払い」のシステムはファクタリングそのものです。

 

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)・GMOペイメントサービス・多数の利用者・・・・・・これら3者の間で包括的にファクタリング契約が結ばれていることになります。

 

 

以上見てきましたように、ファクタリングというのは、取り立ててその名称を使わずとも、実態として、すでに私たちの生活に深く浸透しています。

 

いまはごく一部のことかもしれませんが、今後は、さらに多くの局面でファクタリングが実施されていくと思います。

 

 

売掛金が発生すると、実際に現金化されるまでにタイムラグが生じます。

 

このタイムラグがなくならない限り、ファクタリングの需要はなくなりません。

 

全ての商取引が電子決済による瞬時の資金移動とならない限り、そんな日がやってこない限り、ファクタリングはまっとうな資金調達法として今後も続いていくでしょう。

 

しかしけっして勘違いしないでほしいです。

 

ものすごく健全で由緒正しいまともな資金調達法ですからね。

 

誰かの助けを借りているのではないですから。

 

あなたの会社が汗水たらして稼ぎ出した売掛金を元手に、ちゃんと手数料を支払った上で、現金化するのがファクタリングです。

 

正攻法の資金調達、それがファクタリングです。

 

ファクタリングは資金調達の王道です。

 

土地を担保にした銀行融資のほうが、むしろ怪しげで古めかしいです。

 

■おすすめファクタリング会社ベスト3■

<第1位>資金調達プロ ファクタリング

 

日本全国対応
24時間受付
・最短即日入金
・ファクタリング金額100万円〜3億円まで対応
・(利用可)法人
・資金繰り改善率93%以上

<第2位>ファクタリング東京

 

日本全国対応
24時間受付
・最短即日入金
・ファクタリング金額10万円〜1億円まで対応
・(利用可)法人
創業1年未満の会社・ベンチャー企業でも利用可

<第3位>ファクタリング JTC

 

日本全国対応
24時間受付
・最短1日入金
・ファクタリング金額100万円以上対応
・(利用可)法人
年商7000万円以上の売り上げがあることが条件