ファクタリングに必要な書類

      

ファクタリングに必要な書類

ファクタリングの申し込みをする前に、まずは大まかな説明を受け、あなたの会社がファクタリングの対象になるかどうかをまず確認します。

 

問題ないと判断されたら、次に正式な申し込みとなります。

 

申し込み=審査です。

 

審査で必要になる書類は以下の通りです。
<※>あくまでも原則として必要な書類のことです。ファクタリング会社によって、またあなたの会社の財務状況によって、下記以外の書類の提出を指示されることもあります。

 

商業登記簿謄本/法人印/印鑑証明書 法人の登記簿。契約書に押印するための法人印とその証明書。場合によっては事業主の身分証明書、住民票などの本人確認書類が求められることも。
決算書 原則として直近3年分。
売掛先との取引・入金が確認出来る書類 通常は通帳でOK。
売掛先への発注書・納品書・請求書等 売掛債権額、売掛入金日の確認のために必要です。
売掛先との基本契約書 正式に基本契約の締結がなされている場合には提出しますが、書面がない場合は相談してください。

ファクタリング会社がどんなところを重点的に審査するかは、ファクタリング会社の立場に立てばおおよそわかると思います。

 

つまり、ファクタリング会社は、契約が成立したら、まずあなたの会社に売掛金から手数料を引いた額を振り込みます。

 

この段階では、ファクタリング会社は一方的にお金を出すだけで、まだ1円もお金を受け取っていません。

 

お金は、売掛金の支払日が来て、そこでやっと受け取ることになります。

 

しかし、すぐには受け取れません。

 

売掛先は、まずあなたの会社に売掛金の額を振り込みます。

 

振り込まれたお金を、あなたの会社がファクタリング会社に振り込みます。

 

この時点でようやくファクタリング会社はお金を手にすることになります。

 

以上、2社間ファクタリングで説明していますが、この場合、上に書いた通り、ファクタリング会社は最終的にお金を手にするまでに二つのリスクに直面するのです。

 

まず、売掛先が支払期日に満額あなたの会社にお金を振り込んでくれるかどうか。

 

次に、仮に問題なく振り込まれたとしても、今度は、あなたの会社が使い込みをすることなくちゃんとそのお金をファクタリング会社に送金してくれるかどうか。

 

ファクタリング会社がファクタリング契約を結ぶと、こうした2つのリスクを抱えることになるわけです。

 

したがって、審査の重点項目は、まず第一に、売掛先の信用度です。

 

売掛先が支払期日にちゃんと満額を支払うだけの体力と信用があるかどうか、これを過去の取引状況から判断します。

 

そして、あなたの会社の信用度も問われます。

 

銀行の融資とは違うので、赤字決算であったり、債務超過であったりしても、それで即アウトということにはなりません。

 

そもそも資金繰りが苦しいからこそファクタリングの申し込みをしているわけです。

 

だから、あなたの会社に財務上の問題があるのは当たり前です。

 

問題は、売掛先から支払期日に入金されたお金を、ちゃんとファクタリング会社に送金してくれるかどうか、この点を審査するだけです。

 

いろいろ問題があっても、使い込みをするほどに窮してはいないと判断されれば、審査は通ります。

 

■おすすめファクタリング会社ベスト3■

<第1位>資金調達プロ ファクタリング

 

日本全国対応
24時間受付
・最短即日入金
・ファクタリング金額100万円〜3億円まで対応
・(利用可)法人
・資金繰り改善率93%以上

<第2位>ファクタリング東京

 

日本全国対応
24時間受付
・最短即日入金
・ファクタリング金額10万円〜1億円まで対応
・(利用可)法人
創業1年未満の会社・ベンチャー企業でも利用可

<第3位>ファクタリング JTC

 

日本全国対応
24時間受付
・最短1日入金
・ファクタリング金額100万円以上対応
・(利用可)法人
年商7000万円以上の売り上げがあることが条件