仙台市太白区|ファクタリング|売掛金の売却・買取で資金調達|即日融資借入

      

仙台市太白区|ファクタリング|売掛金の売却・買取で資金調達|即日融資借入

資金調達プロ ファクタリング ファクタリング東京 ファクタリング JTC

スピード審査・最短即日入金


<仙台市太白区対応>

債務超過・税金滞納でも可


<仙台市太白区対応>

売掛先に知られずに利用可


<仙台市太白区対応>

2分間ファクタリング早わかり■

 

ファクタリングは経済産業省も推奨しているまっとうな資金調達法です

 

 

誰かの手を借りるのではなく、あなたの会社の資産である「売掛金」を売却して現金を手にする、まさに由緒正しい資金調達法です

 

あなたの会社の「売掛金」を買い取るのはファクタリング会社です

 

利用には審査が必要ですが、主として売掛先の信用度が重要であって、あなたの会社の信用度は2の次です

 

なぜなら、ファクタリング会社の関心事は売掛先からちゃんと回収できるかどうかが問題だからです

 

 

そのため、あなたの会社が債務超過でも、税金や社会保険料を滞納中でも、売掛先の信用度が高ければOKです

 

ファクタリングは「融資」ではなく「資産の売却」なので、万が一売掛先が倒産しても、後日あなたの会社に請求が来ることはありません(損失はファクタリング会社がかぶります)

 

この点が手形割引や売掛金担保融資と違うところです(これらは売掛先が倒産したらあなたの会社に請求が来ます)

 

 

銀行融資を断られたビジネスローンの審査に通らないだけど数日以内に支払いが控えている・・・こういう会社に残された<最後の砦>といってもいい資金調達法です

 

常に「売掛金」が発生している会社であれば利用できます

【仙台市太白区|ファクタリング|売掛金の売却・買取で資金調達|即日融資借入|仙台市太白区】

 

 

■おすすめファクタリング会社ベスト3■

<第1位>資金調達プロ ファクタリング(仙台市太白区対応)

 

日本全国対応(仙台市太白区対応)
24時間受付
・最短即日入金
・ファクタリング金額100万円〜3億円まで対応
・(利用可)法人
・資金繰り改善率93%以上

<第2位>ファクタリング東京(仙台市太白区対応)

 

日本全国対応(仙台市太白区対応)
24時間受付
・最短即日入金
・ファクタリング金額10万円〜1億円まで対応
・(利用可)法人
創業1年未満の会社・ベンチャー企業でも利用可

<第3位>ファクタリング JTC(仙台市太白区対応)

 

日本全国対応(仙台市太白区対応)
24時間受付
・最短1日入金
・ファクタリング金額100万円以上対応
・(利用可)法人
年商7000万円以上の売り上げがあることが条件

 

【仙台市太白区|ファクタリング|売掛金の売却・買取で資金調達|即日融資借入|仙台市太白区】

 

 

■ファクタリングに関する<よくある質問>■

ファクタリングとは? 2社間?3社間?ファクタリングは2種類ある? ファクタリングに必要な書類は?

ファクタリングとは英語のfactoringから来ています。factorの単語を大きな辞書で引くと「要素」「要因」などの他に「代理人」「金融業者」という意味が出てきます。このfactorにingをつけたものがfactoringで、factoring company(ファクタリング会社)といった・・・・・

ファクタリングには二つの種類があります。2社間ファクタリングと3社間ファクタリングです。2社間ファクタリングの「2社」とは、あなたの会社とファクタリング会社のことです。あなたの会社がファクタリング会社にファクタリングを申し込みます。審査に通るとファクタリング・・・・・・

ファクタリングの申し込みをする前に、まずは大まかな説明を受け、あなたの会社がファクタリングの対象になるかどうかをまず確認します。問題ないと判断されたら、次に正式な申し込みとなります。申し込み=審査です。審査で必要になる書類は以下の・・・・・

ファクタリングの「償還請求権」とは? たとえばファクタリングの実例は?

「償還請求権」についてファクタリングは売掛金の「買取」なので、もしも売掛先が倒産などで期日に満額支払えない事態になっても、その損失はファクタリング会社が被るだけで、あなたの会社には請求がこない・・・これが基本です。この説明は・・・・・

「ファクタリング」という言葉は使われていないけれど、しかし、実質的にファクタリングのシステムを利用している商取引があります。たとえば携帯電話の料金です。利用者としては毎月携帯会社に料金を支払っているつもりでいても、通帳の記帳・・・・・

(仙台市太白区対応)

 

【仙台市太白区|ファクタリング|売掛金の売却・買取で資金調達|即日融資借入|仙台市太白区】

 

 

■ファクタリングQ&A■

 

<Q>そもそもファクタリングとは何ですか?

 

ファクタリングというのは「売掛債権の売買による資金調達方法」です。

 

会社の持つ売掛債権をファクタリング会社(売掛債権買取会社)へ手数料を支払って売却、入金予定金額から手数料を引いた金額を直ちに受け取るという手法です。

 

 

 

<Q>ファクタリングのデメリットは何ですか?

 

手数料が必要になる、というのが一番のデメリットだと思われます。

 

債権譲渡登記をする際に必要経費だけでも10万円近くかかってしまいます。

 

そのため、融資に比べるとどうしてもコストが大きめになります。

 

(※>債権譲渡登記とは、あなたの会社の持つ売掛債権を回収する権利を、ファクタリング会社(売掛債権買取会社)に譲渡するための登記です。譲渡後は、回収する権利はファクタリング会社に移行します。そのため、売掛先が倒産して回収不能になっても、あなたの会社には請求がきません。ファクタリング会社が損をするだけです。

 

 

 

<Q>ファクタリングと手形割引とは何が違うのですか?

 

手形割引の場合、万一、手形の振出人が倒産した場合、銀行・ノンバンクはあなたの会社に買い戻しを請求しますが、ファクタリング(2者間ファクタリング)の場合、あなたの会社に請求はきません。

 

 

 

<Q>債務超過でも利用することは可能ですか?

 

可能です。重要な点は、売掛先から翌月確実に売掛金の入金があるのか、という点です。あなたの会社の財務状況も一定の審査は受けますが、優先されるのは売掛先の信用度です。

 

 

 

<Q>銀行返済が滞っているのですが利用できるのですか?

 

ファクタリングのお申し込み、ご利用は可能です。リスケ中でもまずはご相談ください。

 

 

 

<Q>税金の滞納があるのですが利用可能ですか?

 

お申し込み、ご利用は可能です。利用実績として、税金分納中のお客様の申し込みも少なくありません。ぜひご相談ください。

 

 

 

<Q>ファクタリングを利用したとして、売掛金の支払い期日前に返済は出来ますか?

 

ファクタリングの場合、融資ではないので「返済」という概念はありません。売掛金の支払い日に売掛先からあなたの会社に入金があったら、そのお金をファクタリング会社に送金してください。それで完了です。

 

 

 

<Q>個人事業主でも利用できるのですか?

 

個人事業主様のファクタリングのご利用はかなり難しいのが現状です。ファクタリング会社の広告では「個人事業主OK」とうたっている会社もよくありますが、実際に申し込みしてみるとほとんどはねられるのが実情です。売掛金の額とか会社の信用度など法人より劣るケースが大半だからです。とはいえ、相談してみる価値はあると思います。

 

 

 

<Q>取引先に知られずに利用することはできますか?

 

可能です。2者間ファクタリングであれば、売り掛け先への通知義務はありません。

 

ただし、債権譲渡登記を打つと、売り掛け先が調べることで判明する可能性もあります。

 

完全に内密にしたいという場合であれば、登記書類の留保を相談してみましょう。

 

 

 

<Q>2者間と3者間の違いはどこですか?

 

2者間と3者間の大きな違いは、2者間の場合「売り掛け先に通知が必要ない」ということです。

 

 

 

<Q>貸金業者とは違うという事ですか?

 

違います。ファクタリングは、あくまでも「債権の売買契約」として成り立っています。

 

ファクタリング会社は、企業間取引における売掛金を償還請求権の無い契約で買取りする、決済専門商社になります。

 

ただし、<償還請求権あり>のファクタリングの場合は、融資とみなされることもあるようです。

 

 

 

<Q>金融機関(銀行・ノンバンク)の融資との違いはどこになりますか?

 

まず、ファクタリングは融資ではありません。

 

あくまで債権売買が基本的な契約になります。

 

そのため「審査に時間がかからない」「経理上、借金という扱いにならない」「一般的な融資に比べて資金調達が成功しやすい」という違いが挙げられます。

 

あとは、償還請求権が有るか無いかが大きな違いです。

 

ノンバンクでもファクタリングが行われていますが、償還請求権の有る(売掛先が倒産してしまうといった事態が起こった場合、あなたの会社が補償しなければならない)融資がほとんどです。こうしたファクタリングは厳密にいえば「融資」です。

 

 

 

<Q>債権譲渡とはなんですか?

 

債権者(あなたの会社)がその有する債権(売掛金)を譲受人(ファクタリング会社) に譲渡する事。

 

譲渡後は、譲受人が新たにその債権者となります。

 

 

 

<Q>「融資」でなく「ファクタリング」を選ぶメリットは何ですか?

 

審査にかかる時間が融資に比べて圧倒的に短く、即日での資金調達も可能という事が最大のメリットです。

 

また、融資とは審査のポイントも違うため、銀行融資を断られた方でも利用できる可能性が高い方法です。

 

 

 

<Q>社歴は必要ですか?

 

特に必要ありません。売掛先とのお付き合いが6ヶ月以上あると審査に通りやすいと言われています。

 

 

 

<Q>起業したばかり、いわゆる「開業まもない」状態でも利用できますか?

 

問題ありません。売掛先とのお付き合いが6ヶ月以上あり、毎月安定した売掛金が発生していれば、審査に通りやすいと言われています。

 

 

 

<Q>赤字決算でも利用は可能ですか?

 

利用可能です。銀行融資の審査とは重視するポイントが違うため、赤字決算だから門前払いを受ける、などという事はありません。

 

ファクタリングの審査で重視されるのは、主に売掛先の支払い能力(信用度)です。

 

 

 

<Q>当座預金の口座がなくても可能ですか?

 

全く問題ありません。ファクタリングは債権譲渡担保融資ではなく売掛金の売買契約になりますので、担保・保証人・手形・小切手の必要はありません。

 

 

 

<Q>担保や保証人がなくても利用できますか?

 

全く問題ありません。債権譲渡担保融資ではなく売掛金の売買取引契約になりますので、担保や保証人がなくても利用できます。

 

 

 

 

<Q>風俗業でも利用可能ですか?

 

売掛金があることが前提なので、風俗を営む小売店様は対象外となります。

 

企業間取引(BtoB)の形で商売をしていて、常時、売掛金が発生している場合は可能です。

 

 

 

<Q>どのような売掛金が売却可能ですか?

 

「売掛金」、「運送料債権」、「工事請負債権」、「診療報酬債権」、「その他の債権」となりますが、ほとんどの売掛金が対象になると考えて結構です。

 

どんな債権が取り扱えるかは、お問合せ下さい。

 

回収までの日付を考慮すると「既に請求書を発行していて40日以内に入ってくる予定の売掛金」が対象になることが多いです。

 

 

 

<Q>過去の未回収債権・回収遅延債権でも売却可能ですか?

 

支払予定日を過ぎている売掛債権はお取扱い出来ません。

 

 

 

<Q>代表者個人の保証は必要ですか?

 

一切必要ありません。もちろん担保等も必要ありません。ファクタリングは「買取」です。「融資」ではないので、保証人や担保は不要です。その分、手数料が必要になっています。

 

 

 

<Q>連帯保証人は必要ですか?

 

上記と同じ理由で、一切必要ありません。もちろん担保等も必要ありません。

 

 

 

<Q>手数料はどのくらいかかりますか?

 

売り掛け先や審査内容によって大きく変わりますが、2者間ファクタリングの相場は15パーセント〜25パーセントと言われております。一度相談していみることをおすすめいたします。

 

 

 

<Q>留保金・前払金のようなものはありますか?

 

契約内容にもよりますが、2者間ファクタリングの場合は留保金は無いことが多いです。

 

前払金に関してはほぼありません。

 

 

 

<Q>ファクタリングを利用した場合、資金調達までに必要な日数はどのくらいですか?

 

書類の審査内容、混雑状況や売掛金の入金予定日などにもよりますが、最短で当日実行、長くても3日前後での実行が多いです。

 

 

 

<Q>審査費用や更新料などは発生しますか?

 

基本的に審査費用は発生いたしません。

 

2者間ファクタリングでは、1度の契約完了で完結することがほとんどの為、更新料も発生いたしません。

 

 

 

<Q>他のファクタリング業者から乗り換えることは可能ですか?

 

もちろん可能です。ご利用中の買取会社(ファクタリング会社)との契約を完了していただいてからお申し込みください。

 

併用でのご利用は、契約内容も確認が必要になるのでご相談ください。

 

基本的に、買取予定債権が他社に登記されていないことが条件となります。

 

1つの売掛債権に対して複数のファクタリング会社が買取する・・・・・・これはあってはならないことですから。

 

 

 

<Q>最低取扱金額はいくらですか?

 

基本的には100万円以上になります。

 

 

 

<Q>買取上限金額はいくらですか?

 

買取会社の運用資金額にもよりますが、3000万円前後のことが多いです。

 

月商の30%前後までの買取が推奨されておりますので、1億円前後の月商があっても、3000万円ほどの買取が多いです。

 

売り掛け先や、お付き合いの履歴によっては増額とか手数料の低減もあります。

 

 

 

<Q>ファクタリングで資金調達したお金の使途に制限などはありますか?

 

用途は自由です。

 

 

 

<Q>ファクタリングの手続きは面倒ではないですか?

 

書類さえ整っていれば、審査自体は可能になります。

 

契約時の面談も1時間程度で完了いたしますので、即日実行可能なケースもあります。

 

 

 

<Q>売掛先への通知・連絡は必須ですか?

 

2者間ファクタリングの場合、売り掛け先への通知は必要ございません。

 

 

 

<Q>債権譲渡登記は必須ですか?

 

基本的には必要になりますが、登記書類の留保による対応も可能です。登記を避けたい場合は審査の際にご相談ください。

 

 

 

<Q>契約終了後に再度契約をお願いすることは可能ですか?

 

もちろん可能です。ただし、決済終了後でないと申し込みを受け付けないというファクタリング会社もあるので、契約前に確認することをおすすめします。

 

 

 

<Q>希望金額に満たない場合、追加で申し込むことはできますか?

 

追加で申し込むとなると、一度決済をする必要や、追加の対象になる債権の有無など、様々な要素が引っかかる可能性が出てきます。

 

また、ほかのファクタリング会社と掛け持つという形態は、ほとんどのファクタリング会社で、債権の2重譲渡の可能性がある為、断ることが多いです。

 

希望金額に満たない場合は、ほかの融資等の方法をとることをおすすめします。

 

 

 

<Q>審査で財務内容を見られるわけですが、プライバシーは守られますか?

 

お客様からお預かりするプライバシーは厳守されます。

 

基本的に契約内容に守秘義務や個人情報の取り扱いに関する項目が盛り込まれていると思われます。

 

気になる場合は相談の際に聞いておくことをおすすめします。

 

 

 

<Q>他の金融機関も利用していますが、併用はできますか?

 

ファクタリングを検討する方は、銀行や保証協会・政策金融公庫・ノンバンクやビジネスローン、プロパー融資をご利用されているお客様がほとんどです。

 

申し込み上も問題はありません。

 

ただし、売掛金を担保にした融資などをご利用になられている場合は、債権譲渡登記ができない為(2重登記になる)、審査でお断りするケースがほとんどです。

 

 

 

<Q>対象になる売上債権は消費税を含みますか?

 

消費税込みの金額が買取対象となります。

 

 

 

<Q>ファクタリング契約が成立後、もしも売掛先企業が倒産してしまった場合はどうなりますか?

 

お客様が代わりに返済する必要はありません。

 

例外として、ファクタリング会社が買い取りをした売掛債権に、請求書・注文書・通帳などの偽造や詐欺的要素が含まれる場合は、しかるべき措置を取らせていただいた上で損害賠償請求するというケースもあります。

 

ただ、これは詐欺行為をした場合なので、通常のケースでは、あなたの会社に請求がいくことはありません。

 

そこが手形割引や債券担保融資との大きな違いです。

 

ファクタリングの「償還請求権」について

 

 

 

<Q>なぜ、売掛先が倒産しても返済しなくて良いのですか?

 

ファクタリング会社は、売掛先企業の調査をした上で買い取りを実行致しますので、売掛先倒産のリスクも含めた買取になっています。

 

ですので、売掛先倒産リスクに応じてファクタリング費用(売買手数料)も変動します。

 

信用度の高い売掛先なら手数料は安いですし、信用度が低めなら手数料は高くなります。

 

こうした手数料は倒産リスクも計算に入れたうえで産出されています。

 

だから売掛先が倒産してもあなたの会社に返済義務は生じません。

 

■おすすめファクタリング会社ベスト3■

<第1位>資金調達プロ ファクタリング(仙台市太白区対応)

 

日本全国対応(仙台市太白区対応)
24時間受付
・最短即日入金
・ファクタリング金額100万円〜3億円まで対応
・(利用可)法人
・資金繰り改善率93%以上

<第2位>ファクタリング東京(仙台市太白区対応)

 

日本全国対応(仙台市太白区対応)
24時間受付
・最短即日入金
・ファクタリング金額10万円〜1億円まで対応
・(利用可)法人
創業1年未満の会社・ベンチャー企業でも利用可

<第3位>ファクタリング JTC(仙台市太白区対応)

 

日本全国対応(仙台市太白区対応)
24時間受付
・最短1日入金
・ファクタリング金額100万円以上対応
・(利用可)法人
年商7000万円以上の売り上げがあることが条件

 

【仙台市太白区|ファクタリング|売掛金の売却・買取で資金調達|即日融資借入|仙台市太白区】